ジョーモは子供にも使用できる?

ジョーモ子供が脱毛する時に気をつけること
ムダ毛の悩みは大人だけのものではありません。
大人はファッションなどでごまかしやすいですが、子供の悩みの方が深刻かも‥。
小学校高学年になってくるとムダ毛の悩みが出てきて、中学生になるとグンと増えてきますが、その年頃の子供は制服を着なければならないことが多くムダ毛を隠しにくいので大変です。
早急に脱毛してあげたいですが大人と同じ脱毛クリームは使えるのか調べました。

 

 

子供の肌は大人よりデリケート

子供の肌は薄くてデリケートなので大人と同じ刺激に耐えられません。
そのため多くの美肌成分が入って敏感肌の人も使えるジョーモが肌に合わない可能性があります。
ジョーモ以外の脱毛方法としてはカミソリや毛抜き、家庭用脱毛器、脱毛クリニックやサロンとなりますが、まずカミソリはデリケートな子供の肌には不向きです。
ムダ毛と一緒に健康な皮膚も削り取られてしまうので、あとでカミソリ負けをしてその箇所を日焼けしてしまうと色素沈着の原因になります。
毛抜きは埋没毛になりやすく毛嚢炎になったら黒ずみが残ってしまいます。
子供の肌に黒ずみが残るのは避けたいですよね。
家庭用脱毛器は使い方が難しく火傷の心配もあり、機種にもよりますが痛みが強い割にはキレイに脱毛できないという口コミが多いです。
どれも子供の脱毛にはお勧めできない方法ですね‥。

 

 

脱毛クリームは子供の脱毛方法としてはピッタリ?

脱毛クリームはムダ毛と一緒に肌も溶かすので、肌の薄い子供には向いていないのでは?と思ってしまいますが、美肌成分を含んだジョーモなら他の脱毛クリームと比べても刺激が少ないので使いやすいです。
カミソリや毛抜き、家庭用脱毛器よりは手軽に安全に脱毛できるのも利点です。
脱毛クリニックや脱毛サロンでも子供向けの脱毛を行っていますが、価格が高いのとある程度の回数を通わなければ効果を得られないので、早急にムダ毛を何とかしたい子供には不向きです。
子供にありがちな薄くて細く量が多いムダ毛の場合はレーザーに反応しないことも多く、結局ニードルで抜いたりして痛みや赤味などが残ることがあります。
すると子供が通いたがらなくなって中途半端な脱毛をして終了となる場合もあるようです。

 

 

ジョーモは子供も使える?

大人と子供の肌は違っていて、大人では心配が無いことでも子供の場合は注意をはらってあげる必要があります。
結論から言うとジョーモは使い方に注意すれば子供でも使えます。
注意点としては
・必ず説明書通りの方法で使う
・パッチテストを行って異常が起こらないか確認してから使う
・清潔な肌にぬって5分以上置かない
・ジョーモをぬった肌をこすったりしない
・他の脱毛方法と併用しない
以上は大人でも守らなければならないことなので、保護者の管理の下に子供でも安心して使えることがわかりました。
ジョーモは敏感肌の人も使える処方で美肌成分が脱毛の後の肌を保湿しますが、さらに手持ちの保湿クリームなどをプラスすると安心です。

 

 

子供がジョーモを使うときに気をつけること

子供がジョーモを使うことで起こりうることを想定すると、
・上手くスプレーできなくて顔や髪などにかかってしまう
・デリケートゾーンに付着してかぶれなどトラブルになる可能性がある
・カミソリで自己流の脱毛をした後にジョーモを使うなど肌への負担を考えない
・早く脱毛したくて毎日使うなど無茶な使い方をしてしまう
などのことが考えられます。
特に思春期の頃は急に他人の目が気になり始めて、早急に脱毛したいと思うあまり肌への負担を考えない無茶な脱毛をしてしまいがちです。
肌トラブルを起こすと、それがまた悩みになってしまうのでジョーモは必ず「保護者の管理」を徹底することが重要です!
いつでも子供が持ち出せる場所にジョーモを保管しないで隠しておきましょう。
使うときは必ず保護者と一緒に時間を計りながら使う、ゴシゴシこすらない、カミソリと併用しない、週に一回など回数と開ける日にちを守るなどきちんと管理しましょう。